ぷらっとからのお知らせ

ダンス・レジデンス2020
敷地 理 稽古場公開/作品試演会 のお知らせ

記事の掲載日:2020年07月18日

2020年度に迎える最初のアーティスト、敷地 理の滞在制作が7月16日より始まりました。
敷地 理は、横浜ダンスコレクション2020コンペティションⅠにて「若手振付家のための在日フランス大使館賞」を受賞し、国内外から注目を集める新進気鋭の若手アーティストです。
滞在制作期間中、皆様に無料でご覧いただける公開イベントを行います。創作過程の様子や作品の一部を間近で観れ、アーティストと交流できる機会です。どうぞお立ち寄りください。

※新型コロナウイルス感染拡大防止対策をとった上での実施となります。

滞在制作日程 2020年7月16日(木)~8月1日(土)
活動場所 穂の国とよはし芸術劇場PLAT 創造活動室A
滞在メンバー 敷地 理、大塚郁実、黒田健太、長沼 航、仁田晶凱、モテギミユ
活動内容 『振動する固まり、ゆるんだ境界』リクリエーション、および新作の構想として
公開イベント(参加無料) ◆稽古場公開(予約不要)
日時:2020年7月26日(日)15:00~16:00
会場:創造活動室A

◆作品試演会(要予約)
日時:2020年8月1日(土)15:00~16:00
会場:アートスペース

詳細→https://toyohashi-at.jp/event/workshop.php?id=394

オンラインワークショップ「Digital Garden」(7/18、23開催)は受付を終了しました。

直前のページへ戻るこのページの先頭へ戻る
All contents Copyright: 穂の国とよはし芸術劇場 PLAT, All Rights Reserved.