ぷらっとからのお知らせ

ダンス・レジデンス2019
カンパニーデラシネラ 滞在制作スタート

記事の掲載日:2020年01月14日

2019年度に迎える最後のアーティスト、カンパニーデラシネラの滞在制作が1月14日より始まりました。
小野寺修二が主宰を務めるカンパニーデラシネラは、これまで『ロミオとジュリエット』や『ドン・キホーテ』をPLATアートスペースにて上演。マイムをベースに台詞を取り入れた独自の演出で、世代を越えて国内外で注目を集めています。
滞在制作期間中、皆様に無料でご覧いただける公開イベントを行います。創作過程の様子や作品の一部を間近で観れ、アーティストと交流できる機会です。どうぞお気軽にお立ち寄りください。

滞在制作日程 2020年1月14日(火)~2月2日(日)
主な活動場所 穂の国とよはし芸術劇場PLAT 創造活動室A
活動内容 カンパニーデラシネラ新作公演『どこまでも世界』の創作活動として(2020年2月27日(木)~3月1日(日)KAAT神奈川芸術劇場にて上演予定)
公開イベント(参加無料) ◆ワークショップ・ショーイング(発表会)
日時:2020年1月19日(日)17:00~17:30
会場:アートスペース
詳細→https://toyohashi-at.jp/news/news.php?id=479

◆稽古場公開
日時:2020年1月27日(月)18:00~20:00
会場:創造活動室A
詳細→https://toyohashi-at.jp/event/workshop.php?id=373

◆成果発表会(作品試演&トーク)
日時:2020年2月2日(日)14:00~15:00
会場:創造活動室A
詳細→https://toyohashi-at.jp/event/workshop.php?id=373

直前のページへ戻るこのページの先頭へ戻る
All contents Copyright: 穂の国とよはし芸術劇場 PLAT, All Rights Reserved.