催し物カレンダー
公式SNS
公演情報 - 演劇・ダンス・音楽など

2024年05月16日

戯曲講座~劇作家のアイデアの源泉~

661b4ad139f01.jpg

ワークショップ・講座

日程 2024年05月12日~ 2024年07月06日
会場 穂の国とよはし芸術劇場PLAT 研修室(小)
受付
  • 受付開始日 2024年04月08日 ~
  • 受付終了
講師

【第1回講師】樋口ミユ

劇作家・演出家。Plant M主宰。劇団Ugly duckling 旗揚げ以降、解散までの劇団公演32作品の戯曲を執筆する。劇団解散後は、座・高円寺の劇場創造アカデミー演出コースに編入し、佐藤信氏に師事。2012年にplant Mを立ち上げる。大阪、東京とフットワーク軽く飛び回り各地で公演をしている。2011年から2021年の10年間、3月春分の日に東日本大震災のチャリティリーディングを行った。

【第2回講師】土田英生

劇作家・演出家・俳優/MONO代表
愛知県出身。1989年に「B級プラクティス」(現MONO)結成。1990年以降全作品の作・演出を担当する。1999年『その鉄塔に男たちはいるという』で第6回OMS戯曲賞大賞を受賞。2001年『崩れた石垣、のぼる鮭たち』(文学座)で第56回芸術祭賞優秀賞を受賞。2003年文化庁の新進芸術家留学制度で一年間ロンドンに留学。劇作と並行してテレビドラマ・映画脚本の執筆も多数。その代表作に、映画『約三十の嘘』、テレビドラマ『崖っぷちホテル!』『斉藤さん』など。

【第3回講師】須貝英

脚本家・演出家・俳優・ワークショップ講師。演劇ユニット「Mo’xtra」主宰。
主な作品は穂の国とよはし芸術劇場PLAT主催・高校生と創る演劇『滅びの子らに星の祈りを』(脚本・演出)、『私の一ヶ月』(脚本/新国立劇場主催)。
脚本を担当した映画『カラオケの夜』が門真国際映画祭2019にて映画部門最優秀作品賞を受賞。新国立劇場で2024年4〜7月に上演の『デカローグⅠ〜Ⅹ』では上演台本を担当している。

【第4回講師】松原俊太郎

劇作家。1988年、熊本生まれ、京都在住。神戸大学経済学部卒。処女戯曲『みちゆき』(2015年)が第15回AAF戯曲賞大賞を受賞。戯曲『山山』が第63回岸田國士戯曲賞を受賞。主な作品として小説『ほんとうのこといって』『イヌに捧ぐ』、戯曲『正面に気をつけろ』『光の中のアリス』など。2024年度セゾン・フェローⅠ。
  • ≪ 前の20件
  • 次の20件 ≫

催物カレンダー

直前のページへ戻るこのページの先頭へ戻る
©穂の国とよはし芸術劇場プラット