ぷらっとからのお知らせ

「ダンス・レジデンス2020」レジデントアーティスト決定

記事の掲載日:2020年06月16日

アートによる魅力発信事業「ダンス・レジデンス2020」
~豊橋アーティスト・イン・レジデンス~

「ダンス・レジデンス2020」のレジデントアーティストは、公募による選考の結果、下記のアーティストに決定しました。
各アーティストの滞在期間中に実施するワークショップ、稽古場公開、成果報告会(作品試演会)については、決定次第ホームページ等でご案内します。
※本発表は6月16日現在の情報です。今後、変更・中止などがありましたらホームページでご案内いたします。


敷地 理
滞在日程:2020年7月16日(木)~8月1日(土)
滞在内容:『振動する固まり、ゆるんだ境界』リクリエーション、および新作の構想として
滞在アーティスト:敷地 理、大塚郁実、黒田健太、長沼 航、仁田晶凱、モテギミユ
6/22NEW!ワークショップ:オンラインにて開催、参加者募集中~7/8まで!詳しくはこちら

BATIK
滞在日程:2020年11月23日(月・祝)~12月7日(月)
滞在内容:BATIK公演の創作活動として/2021年3月神奈川県立青少年センター スタジオHIKARIにて上演予定
滞在アーティスト: 黒田育世、松本じろ、大江麻美子、大熊聡美、岡田玲奈、片山夏波、熊谷理沙、相良知邑、武田晶穂、政岡由衣子、三田真央、瀧本麻璃英

arche
滞在日程:2020年12月14日(月)~27日(日)
滞在内容:井田亜彩実・黒須育海による新作デュオ作品、および愛知県在住ダンサーによるグループ作品の創作活動として
滞在アーティスト:井田亜彩実、黒須育海、豊永洵子、杉山絵理、菅井一輝 ほか

京極朋彦
滞在日程:2021年1月19日(火)~1月30日(土)
滞在内容:『喪服を洗う女』韓国・日本での上演を目指した再創作および地域コミュニティへのリサーチとして
滞在アーティスト:京極朋彦、永田桃子

[アーティスト変更のお知らせ]
当初発表しておりました伊藤郁女は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、今年度内のカンパニー来日を見合わせ、滞在日程を再調整することにいたしました。

________________________

2017~2019年度レジデントアーティストによる活動をまとめた報告書を発行しています。
写真もふんだんに盛り込んだ内容です。ぜひお読みください。
________________________

「ダンス・レジデンス」とは
国内外で活躍するアーティストに新しい作品創造のための稽古場と滞在場所を提供し、アーティストへの支援・育成をおこなうとともに、ワークショップ・試演会等を開催し、市民とアーティストの交流の機会を設け、舞踊や身体表現を身近に体験していただくプログラムです。滞在期間中には、ワークショップや試演会などを随時企画してまいりますのでご注目ください。

2020年度公募アーティスト募集要項

お問合せ 穂の国とよはし芸術劇場PLAT 0532-39-8810
主催 豊橋市/公益財団法人豊橋文化振興財団
※本事業は、「豊橋アーティスト・イン・レジデンス2020 アートによる魅力発信事業」において実施されています。

直前のページへ戻るこのページの先頭へ戻る
All contents Copyright: 穂の国とよはし芸術劇場 PLAT, All Rights Reserved.