ぷらっとからのお知らせ

ダンス・レジデンス2017/中村蓉 創作作品『理の行方』が関東学生舞踊連盟発表会にて招聘作品として上演されます。

記事の掲載日:2018年12月10日

昨年のダンス・レジデンス2017にて、中村蓉さんが滞在制作した際に創作した『理の行方』が、関東学生舞踊連盟発表会の招聘作品としてリクリエーションされ、上演されます。

当初は中村蓉と酒井直之のデュオ作品で韓国のダンスフェスティバルにて上演されましたが、今度は23名の大群舞に生まれ変わります。
本番は12月13日(木)18:30より東京・亀有のかめありリリオホールにて。

当劇場のダンス・レジデンスにて創作された作品がこのような形で広がっており、大変うれしく思います。
中村蓉さん、若きダンサーたちの健闘をお祈りしております。

関東学生舞踊連盟発表会のTwitterはこちら
ダンス・レジデンス2017/中村蓉についてはこちら


直前のページへ戻るこのページの先頭へ戻る
All contents Copyright: 穂の国とよはし芸術劇場 PLAT, All Rights Reserved.