公演・催し物カレンダー

東三河演劇ネットワーク 第2回プロデュース公演
『朱雀家の滅亡 -エウリピデスの「ヘラクレス」に拠る-』

記事の掲載日:2014年01月23日

52e059b8e76ad.jpg  
公演期間 2014年03月08日~2014年03月09日
劇場 アートスペース
チケット発売日

一般 : 2014年01月26日 ~


公演内容

太平洋戦争末期、朱雀侯爵家の三十七代目当主で天皇の侍従職である朱雀経隆(つねたか)(三洲銀次)は、天皇を敬愛するあまり、専横内閣倒閣の大役を果たして侍従職を辞し帰宅する。
朱雀公爵家の長男・経広(つねひろ)(鈴木要介)は婚約者の松永璃津子(りつこ)(寺部さやこ)を残して海軍予備学生に志願、玉砕必至の島に出征することを決心し伝える。
しかし、女中のおれい(汐川虹子)は侯爵の弟・宍戸光康(みつやす)(金沢琢久磨)に、コネを使い経広が安全な内地勤務に転属させてもらうよう懇願する・・・

ギリシア悲劇の古典であるエウリピデスの『ヘラクレス』をベースに、太平洋戦争末期の一族の滅亡を描く三島由紀夫晩年の名作である。
盲目的なまでに「国家」や「天皇」へ忠誠心を捧げることを信条とする男と、対照的に、現実を生き、愛し、生身をさらけ出す女達が織りなす壮大な滅びの物語が、三島の流麗な文体にのせて描き出される。

スタッフ

作:三島由紀夫
演出:岡本善裕(劇団ひまぽぽ兼演劇ネットワーク会長)

演出助手:河村治代(演劇衆団アートストームゼロシアター)
舞台監督:鈴木俊介(劇団豊橋演劇塾)
照明:後藤サトミ
舞台美術:平成マリー(劇団タハラジャ)
制作協力:長坂敏仕(劇団しゅらざ)

キャスト

三洲銀次(劇団タハラジャ)
汐川虹子(劇団タハラジャ)
金沢琢久磨(陽炎座)
鈴木要介(『今さら』劇団部)
寺部さやこ(『今さら』劇団部)

参加劇団:劇団豊橋演劇塾
     『今さら』劇団部
     劇団タハラジャ
     演劇衆団アートストームゼロシアター
     劇団ひまぽぽ
     陽炎座
     劇団しゅらざ

公演日程

2014年03月08日 (土)19時
2014年03月09日 (日)14時

開場は開演の30分前

料金

日時指定・全席自由・税込
前売販売:2014年01月26日 より
一般:2,000円
高校生以下:1,000円

チケット取扱い

プラットチケットセンター オンライン http://toyohashi-at.jp(要事前登録)
電話 0532-39-3090(10時~19時)
店頭取扱い(休館日以外の10時~19時)
その他 東三河演劇ネットワーク 090-7857-5629(鈴木)

お問合せ

東三河演劇ネットワーク 090-7857-5629(鈴木)

主催:東三河演劇ネットワーク
後援:豊橋市、豊橋市教育委員会、豊川市、田原市、新城市


催物カレンダー

公演イベント情報

直前のページへ戻るこのページの先頭へ戻る
All contents Copyright: 穂の国とよはし芸術劇場 PLAT, All Rights Reserved.