催し物カレンダー
公式SNS
ワークショップ・講座

アマヤドリ『牢獄の森』関連イベント
アマヤドリ「舞台映像」上映会&トーク

記事の掲載日: 2024年04月01日

広田淳一
広田淳一

穂の国とよはし芸術劇場PLATでは、アマヤドリ『牢獄の森』を2024年6月にアートスペースで上演いたします。上演に先立ち、主宰・脚本家・演出家である広田淳一さんをゲストに招き、過去の舞台作品の上映会&トークを行います。

今回の上映作品は、2023年3月にシアタートラムで上演された『天国への登り方』(再演)になります。上映後は、作・演出の広田さんと上映した作品の内容やアマヤドリのこれまでの活動などについて、また6月に上演される作品についてトークを行います。

上映作品『天国への登り方』あらすじ

舞台は「観光地としての安楽死特区」──。この町では観光の目玉として、より安楽に、より尊厳を保った形での死に方を様々なサービスとして提供している。超高齢化社会と終活の問題、そして、究極の自由とも言うべき「死ぬ自由」という観点をベースに、それぞれが孤独に向き合うしかない「死」の問題を重層的かつ多角的にあぶり出す戯曲

アマヤドリ「天国への登り方」(再演)サイト

登壇者:広田淳一[ひろた・じゅんいち]

2001年、東京大学在学中に「ひょっとこ乱舞」を旗揚げ、主宰する。以降、全作品で脚本・演出を担当し、しばしば出演。さりげない日常会話ときらびやかな詩的言語を縦横に駆使し、身体性を絡めた表現を展開。随所にクラッピングや群舞など音楽・ダンス的な要素も節操なく取り入れ、リズムとスピード、熱量と脱力が交錯する「喋りの芸」としての舞台を志向している。簡素な舞台装置と身体的躍動感を必須としながらも、あくまでも相互作用のあるダイアローグにこだわりを見せる。2009年、2010年と連続して「アジア舞台芸術祭(Asian Performing Arts Festival)」に演出家として招聘される。2011年、韓国演出家協会主催の「アジア演出家展」に参加。ソウルに一ヶ月滞在して現地俳優と共にモリエール「ドン・ジュアン」を発表。好評を博す。
アマヤドリのプロフィールはこちら


≪公演情報≫
アマヤドリ『牢獄の森』
日 時:2024年6月14日[金]19:00開演、15日[土]14:30開演、16日[日]14:30
会 場:穂の国とよはし芸術劇場PLAT アートスペース
詳細は
こちら

日程

2024年04月28日 (日)13:30~16:30

場所 穂の国とよはし芸術劇場PLAT 創造活動室A
参加費 無料
対象 どなたでも
募集人数 25名(先着順)
締切り 定員に達し次第締切
※定員に満たない場合は当日参加も可
申込み方法 2024年4月2日(火)12時より下記申込み方法にて受付開始
□オンライン 下記申込フォームより、必要事項を記入してお申込みください。
□電話申込み プラットチケットセンター ☎0532-39-3090(休館日を除く10時~19時)

※申込フォームからお申込みいただく場合、info@toyohashi-at.jpからの返信メールを受け取れるように設定をお願い致します。
申込時には、自動返信メールをお送りしますのでそれが届かない場合は、迷惑メールフォルダ等に入っていないかなどご確認ください。特にezwebメールご利用の場合に当方からのメールが届かないというケースがよく発生しています。
ご不明な場合は、お問合せ先までお電話にてご連絡ください。
お問い合わせ プラットチケットセンター
〒440-0887 豊橋市西小田原町123番地
TEL:0532-39-3090 FAX:0532-55-8192
備考 主催:公益財団法人豊橋文化振興財団
共催:豊橋市
申し込む

催物カレンダー

直前のページへ戻るこのページの先頭へ戻る
©穂の国とよはし芸術劇場プラット