公演・催し物カレンダー

「まちと劇場の技技交換所」関連企画
『山田晋平 映像ワークショップ-アニメーション・アンダー・コンストラクション-

記事の掲載日:2019年06月18日

画像

穂の国とよはし芸術劇場PLAT では、演劇やコンテンポラリーダンスを中心に、オペラ、コンサートなど、様々な舞台 作品中に使用される映像を担当している山田晋平さんを講師に迎え、二日間の映像ワークショップを実施します。 舞台芸術、映像製作に興味のある方のご参加をお待ちしています。

舞台映像は、通常の映像作品とはちがって、舞台美術や身体などの「映像以外のものごと」との関わりを生み出せると ころが、独特の面白さです。
今回のWS では、ある工事現場を囲っている白い壁を使って、コマ撮りアニメーションを制作します。その壁自体と、 周りの風景をよく観察して、工事で変わりゆく風景とアニメーション映像にどんな関わりが生み出せるのか、みんなで アイディアを出し、絵コンテを書いて、撮影をします。出来上がった映像は、8/30-9/1 の「お店をつくろう!~小さな まちづくりプロジェクト」の展示会場(PLAT アートスペース)で上映される予定です。

ーまちと劇場の技技交換所(わざわざこうかんじょ)ー

劇場とまち、それぞれを裏で支えている技を、披露し、交換・共有する場、「まちと劇場の技技交換所」を開設します。ちょっとしたコツのようなものから、熟練した職人技まで、まずは劇場の技を体験してみてください。

日程

2019年08月10日 [土]13:00~18:00
2019年08月11日 [日]10:00~18:00

場所 穂の国とよはし芸術劇場PLAT 創造活動室A ほか
講師 山田晋平(舞台映像デザイナー)
演劇やコンテンポラリーダンスを中心に、オペラ、コンサートなど、様々な舞台作品中に使用される映像を担当。近年では、美術家・金氏徹平とのコラボレーショ
ンによるプロジェクションマッピング作品や、チェルフィッチュ「映像演劇」シリーズの映像担当、ツアー・パフォーマンス「Kawalala-rhapsody」(城崎国際アー
トセンター)の監修など、舞台芸術と現代美術を横断しながら、映像芸術の新たな可能性を探る活動を展開する。愛知大学文学部メディア芸術専攻准教授。
参加費 一般1,000 円、高校生以下500 円
対象 中学生以上で、舞台芸術・映像製作に興味のあり、上記二日間に参加できる方。
募集人数 15名(申込順)
締切り 2019年7月29日[月]※人数が定員に満たない場合は、延長の可能性あり。
申込み方法 オンライン:下記の専用申込フォームより必要事項を記入して送信してください。
窓口・FAX:参加申込書に、必要事項を記入の上、プラット一階窓口またはFax(0532-55-8192)
お問い合わせ 穂の国とよはし芸術劇場PLAT 
〒440-0887 豊橋市西小田原町123番地
TEL:0532-39-8810 FAX:0532-55-8192
http://toyohashi-at.jp
備考 ワークショップ申込時のお願い
□取材・撮影が入る場合や、非営利目的の広報物・出版物等の使用を目的にスタッフが写真・動画の撮影をする場合があります。
□写真・動画の撮影および録音はご遠慮ください。
□申込みフォームからお申込みいただく場合、info@toyohashi-at.jpからの返信メールを受け取れるように設定してください。

主催:豊橋市、公益財団法人豊橋文化振興財団
2019年度 文化庁 文化芸術創造拠点形成事業
ダウンロード
申し込む

催物カレンダー

公演イベント情報

直前のページへ戻るこのページの先頭へ戻る
All contents Copyright: 穂の国とよはし芸術劇場 PLAT, All Rights Reserved.