公演・催し物カレンダー

ダンス・レジデンス2018
工藤 聡 ワークショップ「モーション・クオリアによる身体表現」

記事の掲載日:2018年09月13日

撮影:Piotr Korytowski/Tony Noël

写真(左)工藤 聡(撮影:Piotr Korytowski) 
  (右)工藤 聡 ワークショップの様子(撮影:Tony Noël)


「ダンス・レジデンス」とは、国内外で活躍するアーティストに新しい作品創造のための稽古場と滞在場所を提供し、アーティストへの支援・育成をおこなうとともに、ワークショップ・試演会等を開催し、市民とアーティストの交流の機会を設け、舞踊や身体表現を身近に体験していただくプログラムです。

今年度迎えるアーティストの一人、スウェーデン在住で国際的に活躍中の振付家・ダンサー 工藤 聡による、俳優・ダンサー(プロ・アマ問わず)に向けた身体表現ワークショップを行います。

工藤 聡 メッセージ

今回の豊橋レジデンスにおいて作品制作をする機会をいただいた事を、心から感謝しています。
私は映画や演劇に憧れ、その道に入ったのですが、気づいてみればダンスの道を進んで来ました。それでも心の中では演劇性を常に追い求めていたように思います。身体表現の中にある心の揺れを、このワークショップにて参加者の皆さまと共有できたら、非常に嬉しく思います。

工藤 聡 滞在制作について

【日程】2018年11月26日(月)~12月8日(土)
【活動場所】穂の国とよはし芸術劇場PLAT 創造活動室A
【滞在アーティスト】
工藤 聡、Claire Camous(クレア・カムース)、豊永洵子、村田勇人
【活動内容】
12月に長久手市文化の家にて上演予定である、工藤聡振付作品『Credo (クレェド - 信じる)』、『Necessitudo(ネセシテュード - 関係性)』の作品制作
<公演概要>
公演名:工藤聡振付作品『Credo (クレェド - 信じる)』 / 『Necessitudo(ネセシテュード - 関係性)』
◆『Credo (クレェド - 信じる)』
 振付:工藤 聡  出演:村田勇人、豊永洵子
◆『Necessitudo(ネセシテュード - 関係性)』
 振付:工藤 聡  出演:工藤 聡、Claire Camous(クレア・カムース) 
日程:2018年12月14日(金)19:30開演
会場:長久手市文化の家 風のホール
主催:長久手市
公演詳細→https://www.city.nagakute.lg.jp/bunka/bunka_ie/butai/si-rue.html


上記滞在期間、本ワークショップのほか、12月2日(日)に稽古場公開、12月8日(土)に成果報告会を無料で行います。創作過程の様子や、創作作品の一部を間近で観れる機会です。こちらもぜひご参加ください。

★12月2日(日)稽古場公開、12月8日(土)成果報告会の詳細はこちら

日程

2018年12月01日 (土) 17:00~19:00

内容 俳優・ダンサー(プロ・アマ問わず)に向けた身体表現ワークショップです。
『間』というのはいろんな解釈をされています。ここでは、身体のバランス感覚を挑発することで起こる揺れを、間として一瞬で読み取ったり、また相手に自分の間を伝える方法を勉強します。そして、それに伴う目線が、互いの気持ちを駆け引きする役割をします。表現としての存在感や相手との関係性を、身体とバランスの関係から探っていくワークショップです。
場所 穂の国とよはし芸術劇場PLAT 創造活動室A
講師 工藤 聡 Satoshi Kudo(振付家、ダンサー)

名古屋市出身。上京後、JAC(ジャパン・アクション・クラブ)に17期生として入団。同時期にダンスを宮崎渥巳氏に師事、テレビ番組やミュージカルなどに出演した。その後ニューヨーク留学を経て、現在はスウェーデン在住。
2001年にはデンマークにおいてオハッド・ナハリン作品に出演、その後ディニッシュ・ダンスシアターで活動した。2003年に自作自演の『サイレント・ボディ』を発表、ポーランド国際振付コンペティションにて第2位とセルゲィ・ディアギレフ特別賞、ストックホルムのゴーイング・ソロ振付コンペティションにて第2位と観客賞を受賞した。2006年からシディ・ラルビ・シェルカウィの作品『Myth』にダンサーとして出演したのをきっかけに、2013年まで同氏と共に活動。シェルカウィ作品の『アポクリフ (首藤康之出演)』『Origine』『スートラ(少林寺武僧出演)』『テヅカ (森山未來出演)』『Puz/zle』『4D』『Milonga』『Genesis』では振付アシスタント及びリハーサルディレクターを担当、またシルク・ドゥ・ソレイユの『マイケル・ジャクソン - ONE』 や、ベルリン国立オペラにてワーグナーの大作「ニュンベルングの指輪」の『ジークフリート』、『神々の黄昏』などでも振付の一部を担当している。 2018年、シディ・ラルビ・シェルカウィの作品『アポクリフ』にダンサーとしての出演。
2015年には王立スウェーデンバレエ団にリハーサルディレクターとして入団、マッツ・エックの『白鳥の湖』を始め、ヨハン・インガーの『春の祭典』、アレクサンダー・エックマン『真夏の夜の夢』、シャロン・エヤール『Half Life』らの作品クリエーションに関わった。現在はフリーで活動し、クラスやワークショップなど、ヨーロッパ各地および日本国内でも行っている。日本人振付家との交流もあり、平山素子、伊藤郁女、大植真太郎、稲尾芳文らともコラボレーションを行なった。振付家としては、2005年から研究しているバランス感覚の解放をテーマにした「モーション・クオリア」をもとに作品を創作し続けている。
最近の活動は、2016年9月に『SCIRE / シールェ』をあいちトリエンナーレにて発表、12月には神戸のKIITOにて彫刻家の塚脇淳と舞踊家の関典子らとのコラボレーション作品『HA-DO / 波動』を発表した。2017年9月にはスウェーデンのヨーテボリにて『SENTIENT / 知覚』を発表、11月にはタイ王国のUnfolding Kafka Festivalにて『Bio-erosion / 生態侵食』を上演した。
参加費 1,000円(税込)
対象 高校生以上で演劇・舞踊の経験がある方
募集人数 20名程度(書類選考あり)
締切り 11月16日(金)17:00まで
申込み方法 [オンライン]本ページ下の専用申込フォーム
[窓口・FAX]参加申込書に必要事項をご記入の上、プラット一階窓口または FAX(0532-55-8192)
お問い合わせ 穂の国とよはし芸術劇場PLAT
〒440-0887 愛知県豊橋市西小田原町123 番地 ☎0532-39-8810(代表)
備考 【主催】豊橋市、公益財団法人豊橋文化振興財団
※本事業は、「豊橋アーティスト・イン・レジデンス2018 アートによる魅力発信事業」において実施されています。

◆申込フォームからお申込みいただく場合、info@toyohashi-at.jpからの返信メールを受け取れるように設定をお願い致します。
申込時には、自動返信メールをお送りしますのでそれが届かない場合は、迷惑メールフォルダ等に入っていないかなどご確認ください。特にezwebメールご利用の場合に当方からのメールが届かないというケースがよく発生しています。
ダウンロード
申し込み終了

催物カレンダー

過去の公演イベント

直前のページへ戻るこのページの先頭へ戻る
All contents Copyright: 穂の国とよはし芸術劇場 PLAT, All Rights Reserved.