公演・催し物カレンダー

劇団こふく劇場『ただいま』関連企画
永山智行 演劇ワークショップ
「小説を演劇にしてみよう」

記事の掲載日:2018年02月22日

画像

穂の国とよはし芸術劇場PLAT では、9 月8 日[土]、9 日[日]に上演する劇団こふく劇場『ただいま』の公演で演出を担当する永山智行(劇作家・演出家)による1日完結型の演劇ワークショップを開催いたします。

◆永山智行さんのコメント
豊橋のみなさん、はじめまして。
九州・宮崎の劇団こふく劇場の永山智行と申します。
この秋に豊橋にうかがうわたしたちの作品『ただいま』は、
小説のような描写を、俳優がまるでコーラスのように語り、演じます。
そこで、今回のワークショップでは「小説を演劇にする」ことに
参加者のみなさんとともに挑んでみたいと思います。
読んでも面白いものを、俳優の体を通すことで、さらに面白いものにできるか、
それとも、つまんなくなってしまうのか、何はともあれ、みんなで挑んでみましょう。

日程

2018年04月14日 (土)13:00-17:00

場所 穂の国とよはし芸術劇場PLAT 創造活動室A
講師 作・演出/永山智行(ながやまともゆき)
1967 年生れ。劇作家、演出家。劇団こふく劇場代表。2001 年『so bad year』でAAF 戯曲賞受賞。同作をはじめ、戯曲は劇団外での上演も多く、2005 年に東京国際芸術祭参加作品として書き下ろした『昏睡』は、2009 年には、青年団の中心的俳優、山内健司・兵藤公美の二人芝居として、神里雄大(岡崎藝術座)演出により上演された。また地点の演出家・三浦基との共同作業として、『お伽草紙/戯曲』(劇団うりんこ・2010)、『Kappa /或小説』(地点・2011)、鳥の劇場の演出家・中島諒人との共同作業としては『古事記は歌ふ』(2014)、『イワンのばか』(原作・トルストイ/2017)の戯曲も担当した。演出家としても、2006 年~ 2016 年、公益財団法人宮崎県立芸術劇場の演劇ディレクターを務め、国内外のカンパニーの招へいや、九州の俳優を集めてのプロデュース公演「演劇・時空の旅シリーズ」の企画・演出などを手がけた。
参加費 1,000円
対象 高校生以上(経験不問)
募集人数 20名程度(応募多数の場合は選考)
締切り 4月6日(金)17:00必着
*参加の可否については、4月9日までにご連絡します。
申込み方法 オンライン:下記専用申込フォームより必要事項を記入して送信してください。
窓口・FAX:参加申込書に、必要事項を記入の上、プラット一階窓口またはFax(0532-55-8192)
お問い合わせ 穂の国とよはし芸術劇場PLAT 
〒440-0887 豊橋市西小田原町123番地
TEL:0532-39-8810 FAX:0532-55-8192
http://toyohashi-at.jp
備考 ワークショップ申込時のお願い
取材・撮影が入る場合や、非営利目的の広報物・出版物等の使用を目的にスタッフが写真・動画の撮影をする場合があります。
写真・動画の撮影および録音はご遠慮ください。
申込みフォームからお申込みいただく場合、info@toyohashi-at.jpからの返信メールを受け取れるように設定してください。

主催:公益財団法人豊橋文化振興財団
助成:文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)
   独立行政法人日本芸術文化振興会
ダウンロード
申し込み終了

過去の公演イベント

直前のページへ戻るこのページの先頭へ戻る
All contents Copyright: 穂の国とよはし芸術劇場 PLAT, All Rights Reserved.