公演・催し物カレンダー

とよはし歴史群像劇『神野新田物語』
最終話「戦争を生きぬいて」

記事の掲載日:2022年06月16日

62ac48fa6a18d.jpg  
公演期間 2022年12月03日~2022年12月04日
劇場 主ホール
チケット発売日

一般 : 2022年07月01日 ~


公演内容

最終話:戦争を生きぬいて ~日本一早い「農地解放」の実現~

この物語は、明治・大正・昭和と日本の発展期に、現在の豊橋の礎となった神野新田の開発に若き情熱を傾け、新田経営にその生涯を捧げた神野三郎と彼を取り巻く人々の人間模様を描いた創作演劇です。
第1話は、明治26年~29年、困難な新田開発という大事業を決断した神野金之助と工事に参加した三郎の姿、第2話は、新田完成後金之助の命を受け新田経営に専念した三郎と新田に入植し困難な開拓に挑んだ小作農民の奮闘を描きました。



第3話は、戦争を挟んだ昭和7年~昭和33年の時代を描きます。テーマは次の3つです。
①戦争と農民の暮らし。②日本一早く実現した「農地解放」。③豊橋港の開港。

 昭和7年、不景気と金融不安から、神野・富田が経営していた明治銀行が閉店を余儀なくされました。明治銀行を整理する過程で、二代目神野金之助は、初代金之助が汗を流し開拓した神野新田を手放すことを決断します。おりしも、豊橋では「人造羊毛工場誘致」が提起され、その後2年にわたり、賛成派・反対派の両者で町を二分する激しい闘争が展開されました。
 昭和12年、日中戦争が拡大するにつれ、新田では貴重な働き手が戦争に取られるようになり困窮します。また、昭和19年以降は、少年志願兵を出すなど、国民を総動員した戦争は泥沼状態となります。やがて、昭和20年の豊橋空襲を経て、玉音放送により終戦を迎えます。
 昭和20年12月、神野三郎は河合陸郎に相談し、翌21年5月には、日本一早く「農地解放」を実現しました。昭和28年9月、13号台風が三河湾を襲い、明治26年以来けっして切れることのなかった神野堤防が3か所決壊しました。戦後、自作農となった農民は一致団結し、県会議員となった河合陸郎の力を得ながら、決死の覚悟をもって切れた堤防を締め切り、農地を復活させました。
 昭和33年、三郎とりきの夫婦は、農民が建立した神野三郎翁頌徳碑の前で、新田での過ぎ来し歳月を振り返ります。その頃、長男の神野太郎は中部経済人の代表として欧米視察旅行で見聞を広め、東三河の将来ビジョンを頭に描き始めていました。そして、昭和30年代、太郎は豊橋市長となった河合陸郎とともに豊橋港の開港と大規模工業用地の開発に心血を注ぎ、豊橋発展の礎を築きました。



このお芝居は、郷土の歴史資料をもとに創作されたオリジナルの演劇作品。ふるさと豊橋をつくり上げた先人の思いにふれることができるお芝居です。
小学1年生から70歳までの総勢50名の市民が、この情熱あふれる舞台を作り上げます。

スタッフ

作:杉浦博人
演出:黒住昭人

キャスト

天野陽一ほか40名
天野陽一:元劇団四季俳優。「ジーザス・クライスト・スーパースター」でデビューし、「夢から醒めた夢」(夢の配達人役)、「オペラ座の怪人」(ラウル子爵役)、「ライオンキング」などに出演し活躍した。現在は、豊橋市内でAMS(天野ミュージカルスタジオ)を主宰し、青少年を中心に後進の指導に当っている。その傍ら、自らミュージカル作品や「神野新田物語」(神野金之助・神野三郎役)など、多数の舞台作品に出演している。

公演日程

2022年12月03日 (土)11:00開演/16:00開演
2022年12月04日 (日)11:00開演/16:00開演

※開場は開演の60分前
※上演時間=2時間15分(休憩15分含む)

観劇サポート

車椅子スペース

※未就学児は原則ご入場いただけません。席数に限りがございますが多目的室をご利用いただけます。詳細は以下までお問い合わせください。
※車椅子スペースをご希望の方は以下までお問い合わせください。
【カットハウス孫太朗】TEL/FAX:0532-55-5610

料金

全席指定・税込
前売販売:2022年07月01日 より
S席:4,000円
A席大人:2,500円
A席小中高生:1,000円

※当日券はS席とA席大人は+500円、A席小中高生は+200円。

チケット取扱い

プラットチケットセンター オンライン http://toyohashi-at.jp(24時間受付・要事前登録)
窓口・電話 0532-39-3090(休館日を除く10時~19時)
その他 【カットハウス孫太朗】
TEL/FAX:0532-55-5610 携帯:090-3852-6930

お問合せ

【カットハウス孫太朗】

TEL/FAX:0532-55-5610 携帯:090-3852-6930

【主催】特定非営利活動法人 ひとすじの会
【後援】愛知県、愛知県教育委員会、豊橋市、豊橋市教育委員会、豊川市、新城市
    田原市、蒲郡市、(公財)豊橋文化振興財団、神野新田土地改良区
    牟呂用水土地改良区、豊橋市立小中学校長会、豊橋市自治連合会
    神富山圓龍寺、中日新聞社、東愛知新聞社、東海日日新聞社
    やしの実FM、豊橋ケーブルネットワーク株式会社[ティーズ]


催物カレンダー

直前のページへ戻るこのページの先頭へ戻る
All contents Copyright: 穂の国とよはし芸術劇場 PLAT, All Rights Reserved.